【映画ルーム(53) 北京の55日 〜 スペクタクル映画の系譜 8点】

【かわまりの映画ルーム(53) 北京の55日 〜 スペクタクル映画の系譜 8点】平均点:6.65 / 10点(Review 20人). 

1963年【米】 上映時間:160分

このブログの内容全ての著作権はかわまりに帰属し、独り言を除く部分の版権はjtnew.jp に帰属します。平均点とレビューワー数はアップロード時のものです。


【あらすじ】

1900年夏、眠れる獅子と呼ばれる中国の首都北京。中国分割の機会を狙う列強は義和団という正体不明の集団が外国人に対するテロを行いながら北京に迫っていると知らされるが、アメリカ人ルイス少佐(ヘストン)は義和団が単なる暴徒ではないと感じる。中国人全般の排外感情が感じられる中、ドイツ公使が殺され、イギリス公使の息子が撃たれ、ロシア人女性ナターシャ(ガードナー)は帰国の途を断たれる。体面を重んじる外交官らは居残りを決定するが、ルイス少佐ら11カ国出身の寄せ集めの軍人たちは外国人居留者を守れるのだろうか?

 

【かわまりのレビュー】

始めのほうで出てくるイギリス女王の誕生パーティーの豪華なこと・・・。西洋づくしの建物でもちろん西洋風に着飾った外交官とその令夫人らが西洋音楽(レコードではなくて生演奏の)にのってダンスを楽しむ光景なんて、見た中国人はさぞかしカチンと来たことでしょう。自分たちの政府がこういう連中の言いなりになっていたら追い出したくなる気持ちもわかります。この作品のリメークですが、中国にとっては恥の時代とは言っても、この後で日本の言いなりになって満州国まで建国した征服王朝のやったことなので、趣旨さえ明確ならわりとすんなりロケの許可なんか出るのではないでしょうか?ただ、日本の軍人代表が真田広之だったりしたら、英語力は抜群ですが、私はちょん髷頭しかスクリーンで見たことがないので笑ってしまうと思います。強い女が大好きなコン・リーが西大后だったりしたらもう笑って笑って・・・ラッセル・クローがアメリカの軍人ではなくて実際、イギリスに次いでもっと大きな影響力を持っていたはずのロシアの軍人だったりしたら「待ってました、グラディエーター!ゲームの理論は任せたぞ!」なんちゃって・・・考えるだけで楽しくなりますが、本当にやったら大真面目でしょうから冗談はここだけにしましょう。ラスト近くのの8カ国連合軍の北京入城のシーンは感動ものですが、これを機会に列強が中国進出を本格化したことを思えば感動してもいいのかなという気もします。清朝政府が間接的かつ明らかな国際法違反だったので、いいのでしょう。製作当時はやりだったスペクタクル映画を中国を舞台にして中国ロケが出来なかった時代によくやったな、とは思いますが建物のセットなんかがやはり古色蒼然としているし、中国の儀式などの時代考証が怪しげなので点数はちょっと辛目です。【かわまり】さん [ビデオ(字幕)] 8点

 

全員集合!

https://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=2893

 

 

【参考】

義和団の乱 (ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1?wprov=sfti1

 

【独り言】